日本の多様な性風俗。外国人には理解不可能か。その壱

こんにちは。femdompink管理人、烏丸です。

さて、SMアダルトの世界に長く身を置いていた私ですが

別業種、異業種フーゾク関係の方たちと関わる機会も多く

日本の性風俗って、外国人からみたら

意味不明と思うの結構多いと思うんですよ。

例えばさ、女装マゾがSMクラブで調教受ける。平均価格は120分四万円くらいかな。

これ、最後にお客さんが自分で自分のシゴいてイッたり、

脳イキ目的で別に射精しなくていいって人もいるし

さらに

時間はもっともっと長くなるけど

数万円使って、お客さんは自宅で女装して、ツーショットダイヤルに電話して延々と女装した自分、エロい女の子の気分で会話だけすることに喜び感じる人もいる。

外国の風俗は、コールガールとセックス、この一択がほとんどらしいけど

その圏からしたら、上記はなにがいいんだかさっぱり分からない、意味不明でしょうね。

アダルトブログランキングへ

主に女性向けのブログはこちら

アダルトブログランキングへ

投稿者: femdompink

I am Japanese mistress and currently live in Tokyo. For the past 15 years, I have trained a lot of masochists in the mistress club dungeon. And I have many transgender people I communicate and recognize that experience as my treasure. Currently I get a license for energy work while getting a qualification for beauty And I will do mistress activities forever. Inner beauty, beauty, sexuality and individuality Sexual minority people I have encountered I think it was delicate and sensitive. I was inspired by them. So I'm doing this now. I will continue to work energetically. BDSM, crossdressing, feminization, femdom, inner beauty Diversity of beauty, healing, release, makeup therapy, energy work And the session. This is the keyword of this blog.