浄化で死亡中

20191105092716482.jpeg

こんにちは

今、サードアイチャクラから第1チャクラ
浄化で死亡中です。
年一度あるかないかのでかいやつ。

またブログ更新します。

もー、きつい浄化で具合わるいですが
写真の猫や、写真の猫の保護者?の茶白のボス猫があしげにうちに通ってきます。

彼らは、最近大事な縄張りを荒らされ
嫌になってか、以前の縄張りに見切りつけたのかうちに直接くるように。

普段非常に温厚で、友好的な茶白の彼らですが、縄張りを荒らす汚い猫に対し、
爪とぎを目の前でバリバリ始め
戦線布告。

この状況内にわたしは先日いました。

「ボス猫の君が統一して、みんなで仲良く、餌は分け与えて順番を守り、人間にも出来る範囲で愛想良くして
生き延びていたのに、
そりゃー、こんな汚い野良猫が侵入してきたら、そして餌の横どりばかりする猫なら

全力で戦えば君らが勝つだろうが
共存するのも嫌なんだろう。

餌はあげるから、あとは喧嘩するなりなんなり、猫同士で話し合いしなさい。」

と、猫たちに言い

数日後、茶白猫とボス猫はうちに決まった時間くるように。

んで、餌やってます。

前の縄張りには、侵入してきた卑しい野良猫が我が物顔で

一匹だけでいる。

餌をやる人間も見かけない。

うちに来る茶白たちが縄張り仕切っていたときは、
数人いろんなひとたちが、笑顔でエサを与え、後片付けも掃除もして
地域猫として認定されてた感じで

縄張りは近所のじじばばたちの憩いの場になってたんだが。

色々考えさせられます。

そして、サードアイが痛いしうずきます。