地域猫瀕死事件(パフォーマンス?

こんにちは。烏丸です。さて、今回はノーマルな日記です。

うち、写真の野良猫が一年半前から通って来てるんですが

普段はうちから2キロ先の公園に住んでるようで、そこの地域猫扱いになってる模様で。

いろんな人が餌を調達していて

片付けもしてる。で、なぜか私のうちこの猫特定したみたいで

私からは基本、夜に直接自宅玄関先で餌をもらう生活。

ただ、私毎日うちにいるわけでもないので

ちょい公園で無事か、ほかの人から餌を貰ってるか時折チェックはしてたんですが。

おとつい、私は朝方まで渋谷原宿におり

帰宅途中に猫いるかなー、と公園のぞいてみたら

茂みの中でうずくまり、声も出ない感じでひたすら、ヒュー、ヒュー、と苦しそうに呼吸しており

驚いて餌をやると、目もろくに見えない様子。そして餌は自力で噛みきれない様子を見せたので千切って口もとまでやると

珍しく私にすり寄ってきて

まさに、

「最後に会えて良かったよ。お姉ちゃん(おばちゃんではない)のうちに遊びにいけたり、餌貰えて僕、楽しかったよ。。

僕、もう天に召されるけど、最後に会えてよかった、、」といわんばかり。

パトラッシュ!!!!?

一体なにがあったのか。

餌を痙攣しながら食べて、ぶるぶる震えながらヒゲを洗っている、、

身体中には落ち葉枯れ草がついており

まわりにはハエ。

あー、、この公園、ボランティア団体のひとが掃除には来てるけど

最近暑いし、貰った餌の食べこぼしやら腐って虫結構わいてるかも。

あと、タバコの吸い殻結構落ちてるじゃん。

負の連鎖で猫の食べこぼしでハエがわき、暑さでぐんぐん雑草のびて、隙だらけの公園になり、マナー悪い輩も最近きて

タバコの吸い殻や、ゴミのポイ捨て最近結構あるのかもー。と思い

自宅に戻り、掃除グッズ持ってとりあえず瀕死の野良猫の様子は見ながら

まず清掃しようと。

すると、たまたま公園掃除ボランティア員のおじさんに鉢合わせして

私はここで猫に餌やってるから、掃除に来たと説明したら

予想以上にめちゃくちゃ驚かれた。で、専用ごみ袋もらい、掃除道具も貸してくれると。

そんで一心不乱に掃除したわけですが

ふと気づくと、さっきまで瀕死だった猫、通常運転でニャーニャーなきながら

公園走ってるではないですか。

え?と驚き

今度は公園に、この猫に餌を何年も調達してるおじさんがチャリで来たので

さっきまでこの猫、瀕死状態で体調悪いのかもしれないというと

驚かれ、、昨日も別に普段と変わらない様子だったのにといわれ。

えっ、、さっきのマジで死にそうな様子だったの、あれ、なんだったの??

身体中に落ち葉つけて、あれなんかの効果を狙ってたの?

とりあえず最近公園かなり汚いし、マナー悪いやつも来るようになったから掃除、今月のボランティア団体の方がくる日まで待てないし、野良猫(地域猫寄り)に餌やる以上、清掃はこまめにして、と

私に命令してたんだろうか。

まー、いいや。なんか知らないけど

公園掃除してすごいボランティア団体の人に感謝されたし

通行人も、おお、、という感じで私をみてたし、、別にそれ狙いじゃないけどさ。

あと、この日たまたま思わぬ形で

臨時収入もあったしさ。

結論→猫はやっぱり綺麗好き。