女装②

はい。前回の続きです。

写真とともに説明しますね。

2019021204215346d.jpeg

⭐︎まずね、男性が女性の顔になるには
輪郭削る必要あり、特にエラ部と顎。
コントゥアリングじゃなくて、がっちり
シェーディングで塗り絵のように塗りつぶす必要あり。セザンヌのシェーディング、マットだしカバー力もあるので
(ツヤタイプはダメ。男ならマット一択

豪快に毛穴を埋めるくらい塗りつぶし
幾度も伸ばします。

そして顎も同じように短くします。
丸顔に近づけ

好きな輪郭とか選択肢はほぼないです。
とにかく、丸に。

20190212042211df3.jpeg

⭐︎自然な影ではなく、ほんと顔面という画用紙の中に小さな丸を描くつもりで
輪郭描いていきます。

⭐︎濃いブラウンのパウダーを更に塗り重ねます。何度も何度も何度でも

20190212042232364.jpeg

⭐︎ある程度輪郭が出来てきたら
髭地帯に、濃厚なクリームファンデを乗せます。
分厚くです。(2)

これは、いくらメイク前に髭剃ろうと
数時間たつと、僅かに生えてきた髭がファンデ突き破ってしまう為で

実はこの突き破ってきた髭って
女になりたい、ある種の男にとっては
鏡でみると現実に戻る強力な要素で、
メンタル的に「クる」要因になりやすいんです。

だから髭を突き破らないよう、防波堤つくる感じでモリモリとクリームファンデをのせていきます。


20190212042432dd5.jpeg

で、根気強く(1)と(2)を10回くらい繰り返します。

続く。